プロローグ株式会社 RECRUITING SITE

インタビューイメージ
  • M.S 写真
    スキル向上に伴い業務レベルも上がっていく 2019年4月入社 ソリューション開発部 M.S
  • プロローグに入社を決めた理由を教えてください
    私は社会学部でメディア表現を学ぶかたわら、人気パスタ店でアルバイトをしていました。老若男女のお客様がひっきりなしに訪れ、ホールに出たりピザを焼いたりと忙しく動き回っていました。すると従業員同士が、おのずと互いをカバーしながら仕事を進めるようになるんです。チームワークが図れればどんどん仕事がしやすくなることを、私はその店で学びました。そうした経験から、私は就活では業種や職種を絞らず、「人と人とのつながりを重視する」環境かどうかを重視しました。メディア系授業でhtmlを学んでいたことからITに苦手意識はなく、会社説明会でフラットな上下関係を目の当たりにし、ここなら、と思いました。面接で私の意見をしっかり聞いてもらえたのも嬉しかったです。
    入社してから気付いたプロローグの魅力はありますか?
    IT業界に対し残業続きでなかなか帰れないイメージを抱いていましたが、実際に入社してみると定時で退社することも多く、少々驚きました。もちろん忙しい時期は残業することもありますが、チームで仕事に向き合えるので、全く苦ではありません。そんな仲間に囲まれていることが、私にとっては大きな魅力です。風通しが良く上下間の垣根が低いことも、プロローグの魅力と言えます。新人にも先輩たちがどんどん声をかけてくれますし、専務と一緒にランチに出かけることも。
  • 入社から今まで、どのような仕事をしてきましたか?
    入社から現在まで金融系のシステム開発に携わっています。もちろんスキルが高まる毎に業務の内容も高度になっていくので、同じ仕事を繰り返すだけではありません。現在携わっている一つは「詳細設計」です。お客様側で作成された要件定義に対し、基本設計と詳細設計を行うのですが、各部分ごとに頻繁に打ち合わせたり、お客様へ問い合わせたり、技術力だけでなくコミュニケーション力も試されます。二つ目が「プログラム変更」です。お客様から「ここを改良したい」という要望があると、プロローグ側で詳細設計に落とし込み、私はその設計書を見ながら「こう表示するならこうすべき」と自分なりに工夫しながらプログラミングしていきます。そして三つ目が「テスト」です。詳細設計やプログラミングが終了した各段階で、要件が適っているかテストしていきます。バグなどが見つかると前工程に差し戻して修復を依頼します。
    携わった仕事の中で、印象に残っているものを教えてください
    金融系のお客様から詳細設計の依頼があり、私がメインで担当することになりました。その内容が「ユーザーが新規申込をする際に用いる、本人確認用のワンタイムパスワードを組み込んで欲しい」と言う内容でした。どのようにランダムな数字を表示させるのか、それがどのような筋道で認証されるのか、他のシステムがその認証にどう関わってくるのか。そうした疑問を解消するため様々な事例を調べるうち、私は「こうなっていたのか!」と、その仕組みにとても驚いたので強く印象に残っています。認証する流れの構築がとても新鮮で、大いに学びとなりました。
  • プロローグに入社以降、成長を実感したのはどんな時ですか?
    詳細設計の案件を完成させた時です。設計を考えるにあたっては「これ一本」という本筋だけではなく、さまざまな視点から考えていかねばなりません。 さらには納期が決められているため、自身が任されている他のプログラムの進行具合も考慮しながら、遅れが出ないようしっかりスケジュールを守る必要があります。そうしたハードルをクリアして無事予定通りに詳細設計が完成した時は、大きな山を越えた感覚になり、経験値の高まりや達成感を感じます。
    今後の目標は何ですか?
    システムエンジニアとしての立場で、詳細設計を中心に幅広く業務に携わっています。そこで常に心がけているのは、どんな些細なことでも自分の内側に溜めず、発言すべきことは発言する、ということです。仕事ですから、時には納得のいかないこともあります。でもそのままにしておくと、やがて仕事が楽しくなくなってしまいます。だからこそしっかり自分の考えを伝え、双方が理解し合った上で仕事を進めることが大切だと考えます。 私は今後もその考えを貫きながら、さらに技術力を磨き、ゆくゆくは基本設計などの上流工程を任されるようになりたいです。
  • 就活時や入社前に必要なスキルなどがあれば教えてください
    事前に自身の価値観の幅を広げておくと良いです。友だち、先輩、親御さん、バイト仲間など多くの人たちと話すうち、そんな仕事もあるのか、あの分野は面白そうだ、とそれまで目を向けていなかったことに気付ければ興味の幅が拡がり、より幅広く企業研究に臨めると思います。 もしIT分野を志望されるなら、ITパスポートなどの基本的なIT資格を取得しておくと、業務内容がより理解できますし、面接時のやりとりにもプラスになります。
    就活生にメッセージ
    私は友人たちと密に連絡を取り合っていたお陰で、多くの情報を得ることができ、大いに役立ちました。キャリアセンターの活用や、サークル内のネットワークを活用するなど、誰もがその人ならではの動き方で就活に臨んでいます。そうした情報を互いに共有することがきっと心の拠り所となり、漠然とした不安を取り除いてくれるでしょう。せっかくコロナ禍が落ち着いたのですから、ぜひ多くの会社に足を運んでみてください。
  • H.T 写真
    学んだことが人としての成長につながる 2020年4月入社 ソリューション開発部 H.T
  • プロローグに入社を決めた理由を教えてください
    大学2年の冬、私はフットサル部の部長を任されました。100人を超えるメンバーをまとめるリーダーシップが求められたのはもちろん、大会へのエントリーなど対外的な手続きや交渉も部長の役割だったため、内側だけでなく外への対応力も身に付いたように思います。ゼミの教授が金融系であり、当時はオンライン決済が新たな主流として盛り上がっていたため、就活では金融業界を中心にアプローチし、早々と内定をもらいました。でもその次の流行を考えたとき、5Gやバーチャルの技術を支えるIT系が良いと判断。私は磨いてきた対応力を発揮してすぐさま対象を切り替え、IT系の会社説明会へ足を運びました。7社のうち6社はお堅い雰囲気でしたが、1社だけとてもフランクな会社があり、それがプロローグでした。選考が進み面接の段階になっても説明会の雰囲気と何ら変わりはなく、ここなら自分らしく働けると確信しました。
    入社してから気付いたプロローグの魅力はありますか?
    実は入社してみたら雰囲気が違うんだろうと覚悟していましたが本当に説明会や面接時の雰囲気そのままで、いつも冗談が言い合える環境だったことに少々驚きました。 学生の頃は、社会人は休みが取りづらいイメージを抱いていましたが、プロローグは仕事の管理さえできていれば有給休暇は問題なく取れますし、午前・午後の半休が取得できます。金曜の午前に仕事をして午後から旅行へ、といったことも気兼ねなく楽しめます。さらには家賃補助が上限3万円まで支給されるなど、福利厚生面も充実していて、ワークライフバランスがしっかり図られていることに魅力を感じています。
  • 入社から今まで、どのような仕事をしてきましたか?
    お客様から届く基本設計をもとに詳細設計を組み立て、プログラミングを行なってきました。最近では私も詳細設計の一部を担当していますが、この設計でプログラミングするとどうなるかが見えているので、先のことを視野に含めた開発を行うことができ、自身のスキルアップを実感しています。
    携わった仕事の中で、印象に残っているものを教えてください
    初めて詳細設計書の作成を任された時のことが印象に残っています。金融系のお客様が行う「照会内容項目」が変更になるため、それに対応するシステム作りが設計の軸でしたが、なにしろ初めて手がけるものですから、あれこれトライしても全く進みません。その様子を見て2年上の先輩が加わることになり、締め切りまで余裕が無いなか、2人で取り組むこととなりました。先輩の助けを得ながら、なんとか詳細設計書を仕上げることができました。しかし私がこの案件で学んだのは、単に技術的なことだけでなく、チームとして動くことの大切さだったように思います。こんどは私が後輩へ伝えていくことで、先輩への恩返しにしたいです。
  • プロローグに入社以降、成長を実感したのはどんな時ですか?
    未経験からのスタートだったので、全てのことが自分にとってプラスになっていく感覚でした。ひとつ「やりきれたこと」があるとそれが自信になり、あれをやり切ったのだから次も大丈夫、という気持ちになれます。その繰り返しが、やがて大きな案件や厳しい納期にぶつかっても対応できる力量になります。加えて、ずっと金融系の業務に携わってきたおかげで、金融業界についての奥深い知見を得ることができました。これも自分にとっての成長と言えそうです。
    今後の目標は何ですか?
    システムエンジニアとして一人前になることです。そのためには、まずシステムエンジニアとしての本分をしっかり理解しておかねばなりません。私の意識としては、お客様が「こういうことをしたい」と要望された時、瞬時にどの部門がどのように関わり、予算はこれくらい必要、と判断できることが一人前だと思っています。それらをスムーズに判断できるようになれば、仮に競合会社が現れても一歩先を提案できるでしょうし、設計を担当する場面でも全体を俯瞰しモレを無くすことができるでしょう。そんなシステムエンジニアを目指すため、私はどんな仕事に対しても「やり切る」マインドを持って取り組むことを自身に課しています。やり切った分野が増えるたび、理想とするシステムエンジニアへの途もどんどん開けていくと思っています。
  • 就活時や入社前に必要なスキルなどがあれば教えてください
    必要なスキルではありませんが、自己分析しておくと役立ちます。私は20人近くの友人に「私の良いところと悪いところを3つずつ教えて」と頼み、客観的に自分の状況を知ることができ、面接時の話題として好材料になりました。
    就活生にメッセージ
    友人7人と就活中は模擬面接を行なっていました。実際に面接で出された質問をするというシンプルな内容でしたが、対処方法の研究もでき、私にとってはとても役立ちました。皆さんもぜひ情報収集の一環として、やってみてはいかがでしょうか。またIT系の会社を選択されるなら、その会社がどの業界の業務に携わっているかを調べてみることをおすすめします。興味のある分野であれば入社後も仕事に向き合いやすくなります。
  • C.M 写真
    一次請けの重責が達成感に結びつく 2020年4月入社 ソリューション開発部 C.M
  • プロローグに入社を決めた理由を教えてください
    大学時代、本が好きだった私は文学部に籍を置き、日本文学について学んでいました。またモノづくりにも興味があったことから、3年の夏に「本+モノづくり」の視点から印刷業界のインターンシップに参加しましたが、さほど心は動きませんでした。本格的な就活シーズンに突入し、私はインターンシップでの経験から業種や職種ではなく、「自分がそれをやってみたいかどうか」を軸にして企業研究に入りました。すると登録していた就活サイトからスカウトメールが届き、そのなかにプロローグが含まれていました。大学で司書資格を取得するにあたり、ホームページを作成するなどITとの関わりがあり、また「ITはモノづくりでもある」ということに考えが及び、ぐっと興味が湧いてきました。会社訪問では、社員間の垣根が低く風通しの良い社風に惹かれ、ここでモノづくりにチャレンジしたい、との思いが膨らみ、応募を決めました。
    入社してから気付いたプロローグの魅力はありますか?
    思っていた以上に人と人との距離が近いことです。従業員と役員があたりまえのようにフランクに話しますし、新人の私にもいろんなところから声がかかり、あっという間に溶け込むことが出来ました。新人は未経験の人が多く、様々なところにハードルがあります。でもプロローグの先輩たちはずっと新人を育成してきているので、どこでつまずくかを熟知していますし、仕事に馴染んでもらうためにどんどん声をかけてくれ、すぐ質問できる雰囲気を作ってくれるところが魅力です。
  • 入社から今まで、どのような仕事をしてきましたか?
    4ヶ月間の新人研修後、私はソリューション開発部に配属となり、金融システムの開発に必要な言語であるCOBOLを用いた開発が中心で、お客様や利用者が入力した情報を、データベースへスムーズに登録していくためのシステムづくりをしています。この業務は常に更新する必要があり、提示書類の変更など、法律が変わるたびにそれに合わせてシステムを作り変えねばなりません。またお客様からはより使いやすくすることを求められ、それに関わる社内ミーティングも頻繁に行われます。私もプログラマとしてソースコードを書くだけでなく、時にはシステムエンジニアとしてお客様側の上流工程担当者とやり取りするなど、一次請けならではの責任ある業務を任され、それが大きな手応えになっています。
    携わった仕事の中で、印象に残っているものを教えてください
    入社1年目の業務はちょっとした仕様変更が中心でしたが、1年目の終わりから2年目にかけて、新規プログラムを作る業務を任されました。なにしろ全てが新規なので、社内で作られた詳細設計を読み解きながら、プログラムをゼロから考えていかねばなりません。しかしネット上に似たようなプログラムは存在せず、頭を抱えていた私は先輩に協力を仰ぎ、社内の過去アーカイブから少しでも参考になりそうなものをチョイスしてもらいました。私も先輩たちの様子を見て探すうち、「この項目ならここを探す」といったことが徐々に見えてくるようになりました。先輩たちの手助けのおかげで、肝心の新規プログラムは予定通り仕上げることができ、大きな達成感を得られたと共に、 私のなかでは“リサーチするスキル”を身につけるきっかけになった案件として、強く印象に残っています。
  • プロローグに入社以降、成長を実感したのはどんな時ですか?
    ひとつ目は、後輩からの「○○がわかりません」という質問に対して、「□□を見ればわかるよ」と即答できた時です。私自身、先輩から教えてもらったことが身についていると自らの成長を実感します。ふたつ目は、自分が担当する開発案件の概要を理解出来た時です。新人の頃は、とにかく設計通りに作ることに集中していましたが、最近は詳細設計を担当したエンジニアが何を意図して設計したのか、理解できるようになってきました。すると開発のポイントを軸にしてスケジュールも立てやすくなり、期待に応じた開発に取り組め、自らの成長を実感しています。
    今後の目標は何ですか?
    システムエンジニアとして、仕様書づくりなど上流工程の業務を自らの力量でこなせるようになりたいです。そのためには基本設計や要件定義書などをしっかり読み解く訓練をし、ひとつひとつの項目について100%理解できるよう、努力したいと思っています。私が仕事を取り組む上でモットーとしているのは、仕事から「身についた」と確信できる部分を積み重ねていくことです。チリも積もれば…と言うように、小さな積み重ねがレベルアップへの近道だと考えています。
  • 就活時や入社前に必要なスキルなどがあれば教えてください
    「コミュニケーション力」を磨いておくことです。面接で、人事担当者から思わぬ変化球の質問が来ても、テンポ良く切り返しができることが大事だと私は思います。 また会社訪問にあたり、「この業界はどういうことが強みになっているのか」といった事前の情報収集もしっかりやっていれば面接では自信になります。
    就活生にメッセージ
    様々な情報に対し、常にアンテナを立てておくとプラスになります。友達同志なら、自らが経験した面接スタイルの情報を交換し合う。先輩なら、業界の研究方法を教えてもらう。ご家族には事前に報告や相談をし、バックアップしてもらう。周りを巻き込み少しでも多くの情報を獲得しておけば、就活を充実させられるでしょう。もしIT業界を目指されるなら、この業界は変化のスピードが速いので、主流になりつつある技術や将来の展望などをしっかりリサーチして臨むことをお勧めします。
  • D.F 写真
    コミュニケーション力はあらゆる場面で不可欠 2021年4月入社 イノベーション推進部 D.F
  • プロローグに入社を決めた理由を教えてください
    私は小学校から高校までサッカー、大学ではフットサルに打ち込んでいました。そこで身についたのは、厳しい練習をやり抜く忍耐力、仲間とのチームワーク、そして明確に意思を伝えるコミュニケーション力でした。特にコミュニケーション力はどの場面においても重要で、単に的確さだけでなく、相手を思いやるマインドも磨かれたように思います。就活では、自分の強みである「コミュニケーション力」が必要とされる分野を研究し、不動産系とIT系に絞りました。プロローグに惹かれたのは、お客様と直接やりとりする一次請け業務が中心なので、お客様といかにコミュニケーションを深めるかが肝要になると思えたからです。会社説明会では先輩と後輩の仲の良さが伝わってきて、ここなら自分らしく働けそうだ、と感じました。
    入社してから気付いたプロローグの魅力はありますか?
    実のところ入社前は、お客様とのやりとりでコミュニケーション力を発揮できるのは、相応のキャリアを積んでからだろうと考えていました。一人で黙々と覚えることが多いんだろうと思っていたのですが、全くの見当違いでした。プロローグではひとつのシステムを作るために道筋を立てたり、皆で検討したりと、本当にコミュニケーションの場が多いです。この環境は私にとって、とても大きな魅力に感じました。私は文系出身でIT分野はゼロからのスタートだったものの、会話に加わったり、わからない部分を気軽に相談しているうち、気づけば日々スキルが着実に身についていました。
  • 入社から今まで、どのような仕事をしてきましたか?
    4ヶ月間の研修でデータベース言語であるSQLを中心に学び、金融系データベースのリノベーションプロジェクトにてOJT研修を経て現在も所属しています。SQLはデータベースの定義や操作を行うための言語で、未経験の私でも入社後半年ほどで基礎的なプログラミングが出来るようになり、データベースの更新や性能問題の解決にも携わっています。
    携わった仕事の中で、印象に残っているものを教えてください
    「性能改善」です。新たなプログラムを実装している時、通常ならば指示を出せばインデックスを経由して指示通りの筋道で戻って来るんですが、タイムラグが異常に長くなり、何千行とあるSQLコードのなかで何処に不良箇所があるのか、なぜインデックスを経由しないのか、それを見つけ出すのに苦労しました。ネット上の情報を調べたり、先輩たちにアドバイスをもらい過去の事例を紐解くなど、さまざまな方面からアプローチし、最終的にはいろんなパターンのSQLコードを作り替えることで解決しましたが、振り返ればこの一件で自身の知識もぐっと増えたほか、近くで私の作業を見ていたお客様から「ありがとう、助かりました」と感謝されたことが、印象に残っている大きな理由かもしれません。
  • プロローグに入社以降、成長を実感したのはどんな時ですか?
    最初に私が配属された金融系の開発チームには多くの先輩たちがおり、なかでも7年先輩のお二人から多くのことを学びました。知識が豊富で頼り甲斐もあることから、二人の背中を追って仕事をしてきたと言ってもいいほどです。現在では私が後輩を指導しており、こうして後輩を指導できるまでに成長できたと思うと同時に、自身もこんどは後輩たちの目標になるような先輩であらねば、と改めて感じているところです。
    今後の目標は何ですか?
    現在の私のポジションは、プログラマとシステムエンジニア(SE)の中間あたりです。今後はSEとしての自覚を持ち、お客様とのコミュニケーションをより密にしながら、チーム全体がもっと仕事に取り組みやすくなるにはどうすれば良いか、日々取り組んでいきたいです。もちろんそうなるには、まだまだ知識が足りません。自社で行われているJava研修などを通じて自己啓発し、Javaブロンズ、さらにはシルバーと資格取得にもチャレンジし、知識量を増やしたいと思っています。
  • 就活時や入社前に必要なスキルなどがあれば教えてください
    どんな仕事に就くにしても、必ず多くの人たちと関わることになります。そんな場面でスムーズな人間関係を構築するには、やはりコミュニケーション力が大事になるでしょう。とはいえ一朝一夕に身に付くものではありませんので、普段から幅広い年代の人たちと話す機会を持ち、少しでも多く「会話すること」に慣れておくと良いと思います。
    就活生にメッセージ
    就活ではある程度「自分がやりたいこと、やってみたいこと」を決めておくと、会社研究の段階からスムーズに取り組めると思います。もし皆さんがIT業界に興味をお持ちなら、“自分一人でコツコツやっていく仕事”だと曲解せず、“人と人とが密接に関わっていく仕事”だと認識してください。そこで大切になるのは、多くの人たちと誠実に関わっていける「人間力」だと思います。会社があり、お客様があり、仲間達がいて、そこに皆さんも加わることになるのですから。